日産のエクストレイルは新型モデルになってどんどん人気が上昇していますね。前の型に比べて今ドキの都会派SUVの要素を取り入れたのが人気の理由かもしれません。

 

そんな人気が高いエクストレイルの新車を購入しようかなーなんて検討されている方もおおいのではないでしょうか。

 

で、新車購入の際に気になるのがやっぱり値引き額。ですよね?ちなみに相場は15万円前後となっていますが、もっと安く購入できるポイントを紹介します。

営業マンの「からくり」を理解しておこう!

 

まずは、最大限に値引きを引き出すために、営業マンが普通に行っている「からくり」について整理しておきましょう。

 

あ、先に言っておきますが、営業マンは「お客さんを満足させること」は得意ですからね。言い換えれば、「特をした気分にさせること」です。

 

例えば総額で300万円するエクストレイルを購入した場合に、値引きの相場が15万のところ、30万値引きしてもらえたら満足すると思います。

 

(実際は車種によって値引きの上限額が設定されているので、相場が15万でも30万程度はいけると思いますが。)

 

でも15万が限界って言われたらそうなのかな?って思ってしまいますよね。それをちょっと悩んだような顔をして、「じゃぁ特別に30万値引きしましょう。」って言われたら即決しちゃう!みたいな。

 

で、そこに下取り車がある場合は査定してもらうと思いますが、本当の査定額が仮に50万だったとしても平気で「20万の下取りです。なので値引きと合わせて50万引かせて頂きますね。」なんて言ってきますからね。

 

50万相当の査定の車を20万で下取りされたら30万円の損失です。ということは・・・、さっき30万値引きしてもらったのがプラマイゼロ。定価で購入させられたことになってしまいます。

 

でも実際の査定額を知らなければ、定価より50万も安くしてもらって大満足して契約書にサインしてしまうはずです。

 

ディーラーより高額で下取りしてもらうには?

 

下取り車をネタにからくりを利用されるんだったら、ディーラーで下取りしてもらわなかったらいいんです。

 

実際は、ディーラーで査定してもらうより、ガリバーやカーセブンなどで査定してもらうほうが高額になるケースが多いですしね。

 

でもわざわざ査定してもらいに行くのも面倒だから、ネットで一括査定申し込みをする人が増えています。

 

どんなしくみかというと、専門のサイトに、車種や年式、走行距離などをサクッと入力して送信するだけで、査定の相場を教えてくれます。しかも一度に何社もの比較見積もりを出してもらうことができるんです。もちろん無料で。

 

その中から一番査定額が高かった会社とやりとりすればいいだけです。もちろん査定会社から連絡をくれるので、特別面倒な手続きをするわけでもありません。

 

最近は安く新車を購入するために、ほとんどの方が利用しているのでやってみる価値はありますよ。^^

 

詳しくはこちら↓↓↓

 

ディーラーでの注意点

 

ディーラーに値引き交渉に行くときは、競合車の見積もりも持っていきましょう。エクストレイルだったら、マツダのCX-5がいいかな。

 

それと、最初は下取り車があることを伝えておいて、査定してもらって下取り価格を提示されたら、「すみません、思ってたより下取りが安いので友人に売ります。」とか、「やっぱり兄弟にあげます。」などなんでもいいので下取りをやめましょう。

 

本来は下取りを考慮して大幅に値引きをしていますが、途中で下取りをやめたからといって、「じゃあ値引きもこんなにできません。」なんて営業マンも絶対言えないですからね。

 

なんで?値引きと下取りは関係ないでしょ?って話です。(笑)

 

これが、先ほどの例え話しの内容だったら、ディーラーで30万値引きさせた上に査定業者が50万で下取りしてくれたら80万の実質値引きに成功というわけです。

 

参考にしてみてください。

スポンサーリンク
新車購入, 日産, SUVの関連記事
  • 日産エクストレイルを相場の値引き額より安く買うポイント!
おすすめの記事