コンパクトSUVの人気がどんどん上昇していますね。特に輸入車で性能の高いSUVが登場してきているので、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中で今回紹介するのはメルセデス・ベンツのGLCクラス。GLKが進化してGLCとなって登場しました。

 

ボディサイズが大きくなったり使い勝手が改善され、まさに「今の時代にマッチしたコンパクトSUV」となっています。

GLKクラスとGLCクラスを比較

 

GLKクラス スペック

全長:4550mm

全幅:1840mm

全高:1670mm

ホイールベース:2755mm

エンジン:DOHC V型6気筒

排気量:3497cc

燃費:11.7km/L

 

GLCクラス スペック

全長:4656mm

全幅:1890mm

全高:1639mm

ホイールベース:2870mm

エンジン:直列4気筒 2.1Lディーゼル

燃費:20km/L

 

長さと幅が大きくなった分、室内空間がゆったり快適になりました。ただ、幅が1900mm弱あるので、日本の道路ではちょっと運転しにくいのかなーと思います。

 

最近海外では主流になっているクリーンディーゼルを採用しているので燃費もかなり向上しています。

 

ちなみに、ディーゼル車だけでなく、プラグインハイブリッドモデルもあるので、もっと燃費の向上を求める方にはこちらがオススメです。

詳細は動画をご覧ください!

外観もかっこいいですが、インテリアもかなり高級感があっていいですね。インテリアをチェックしたい人は2分40秒ぐらいから再生してみてください!

 

おわりに

 

ちなみに、価格は650万円前後からとなっています。

 

GLKクラスは左ハンドルしかなかったのですが、GLCクラスでは右ハンドルもあるので、右ハンドルに慣れている日本人にとってはありがたいですね。

 

このクラスのコンパクトSUVでは、BMWのX3やアウディのQ5、レンジローバー・イヴォークなどの人気がありますが、メルセデス・ベンツのGLCクラスも負けていないと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事